初めての方へ~必ずお読み下さい

2019年7月28日

ブログの目的

こんにちは♪

『パラダイム★シフト』にご訪問いただき有難うございます。

このブログを書いている管理人の天地宇宙(あめつちそら)と申します。

このブログについて簡単にご説明させていただきます。

このブログの目的の一つは、 地上波テレビの影響力を相対的に低下させることです。

そして、ネットテレビの普及。

日本の地上波テレビは傾向報道であり、決して真実を伝えているわけではありません。

テレビで真実の報道を行うと、 BPO( 放送倫理・番組向上機構 )により糾弾され 、バッシングを受けるという異常事態が起きるのが日本という国です。

DHCテレビの番組「ニュース女子」 がいい例です。

テレビだけでなく、新聞もです。

このブログは、私が有料会員登録をしている、ネットテレビ「チャンネルAJER」が情報源です。

政治や時事問題の他、経済、歴史など多種多彩な番組を制作していて、地上波テレビのような偏った報道ではなく、真実をお伝えしています。

チャンネルAJERは、運営維持のために一部コンテンツが有料となっていますが、無料会員でも、十分楽しめるコンテンツですよ!

マインドコントロール

私が、日本という国に疑問を抱くようになったキッカケは、日本の薬漬け医療です。

一言でいえば、日本は国が病人を量産していると感じたこと。

オーガニック大国ドイツでは、風邪で受診した人に一切薬を処方しません。

1週間学校や会社を休んでゆっくり休養しなさいと、診断書を書いてくれるだけです。

人間にとって最大の薬は、自然治癒力だからです。

その自然治癒力を高める生活が、日本の古き良き時代にはあったのですが・・・

同じ敗戦国であるドイツは、憲法も自国で改正し、日本の江戸時代のような国を目指しているそうです。

一方日本はといえば、憲法は戦後GHQが作成した当時のまま。

現在の日本は、完全にアメリカの植民地です。

殆どの日本人はそのことに気付いていないと思います。

何を隠そう、私もつい最近まではその一人でした。

やっとマインドコントロールから解かれたということでしょうか(笑)

一番の問題は、これから日本を担っていく子供たちに、本当の日本の姿を教えていないことです。

日本の文化や伝統、大和魂という日本精神を伝え、日本人として誇りをもって生きていけるような人間を育てるべきだと感じます。

このブログを読むことで、日本についてもっと知りたいと思っていただけると嬉しいです。

もし共感したならば、ぜひ記事の拡散をお願いいたします。

百田直樹さんとケント・ギルバートさんの共著に『いい加減に目を覚まさんかい、日本人!』という本があります。

読んではいないのですが、このタイトルには共感です。

ブログでは、私が影響を受けた本などもご紹介したいと思っています。

読書は知識の宝庫です。

全ての本が真実を書いているわけではないので、ご自身での取捨選択は必要ですよ!

最近では、自宅にいながら気軽に受講できるウェブセミナーも多数あります。

無知な私が最初に受けたウェブセミナーをご紹介させて下さい。

金融カルテル解体トレーニング

このセミナーを経て、決して表に出ることなく世界を裏から動かしている真の支配者グループの存在を意識するようになりました。

日本の報道も、元をたどればすべてこのグループにコントロールされているのだそうです。

報道されない事実

どうしても皆さんに知っておいてほしい事実があります。

2011年の世界フィギュアスケート選手権の話です。

この大会では、ロシアのプーチン首相(当時)が東日本大震災で被災した日本への連帯感を示すことを表明しました。

開会式では、白いリンクに大きな日の丸が映し出され、参加国の民族衣装を着たスケーターが連帯を示して黙祷するなど、様々なセレモニーも行われました。

会場では日本に向けてのメッセージ「日本に捧げる詩」が披露されました。

そして、閉会時のフィナーレでは、再び白いリンクに日の丸が映し出され、その中心に立つ三人の日本選手たちを他国の選手たちが囲んで輪になって回り、日本を励ますパフォーマンスをしてくれたのです。

またロシアは、大会の開催時間についても、日本人がテレビで生中継を楽しむことができるようにと、わざと時差を逆算して日本のゴールデンタイムの時間帯に合わせてくれたのだそうです。

しかし、日本での独占放映権を持っていたフジテレビはこれらのセレモニーを放映の際に全てカットし、代わりに韓国のキム・ヨナ特集を差し挟む編集を行いました。

結果的に大多数の日本国民は、ロシアの温かい励ましのメッセージを受け取ることができず、その事実さえ知りません。

これは氷山の一角です。

日本では、このような情報の制限が日常的に行われているということです。

最近では、朝日新聞の慰安婦問題の誤報発表もありました。

テレビや新聞に書いてあることは本当だという常識は、もう崩壊しつつあります。

立川談志さん曰く「新聞は日付以外は全部ウソ」

インターネットの普及やアルジャジーラの影響で、少しずつ世界の真実が明らかになってきています。

あなたも、真実を知りたくはないですか?

ぜひ、ネットテレビの普及を一緒にしましょう!

記事拡散ご協力のお願い

このブログでは、ネットTV「チャンネルAJER」の有料会員のみが視聴できる動画の内容についても、サービスで掲載しています。

記事タイトル最後に②がついているものや後半と書かれているものは、有料動画の内容です。

もし、記事をお読みになって、いい記事だと思われた方は、ぜひ記事拡散のご協力をお願い致します。

Facebookページも作成致しましたので、いいねしていただけると幸いです。

さらに、直接動画の視聴をご希望の方は、ぜひチャンネルAJERへ会員登録なさってください。

会員登録は無料です。

私も当初は無料会員でしたが、運営システムを知り、有料会員へ切り替えました。

運営システムについては、下記バナーをクリックして詳細をご覧ください。

記事について

動画を文字起こししている記事が中心です。

できるだけ動画の内容に忠実な表現を心がけていますが、口語のため読みにくい部分もありますことをご了承ください。

日本語的におかしな表現だと感じた場合も、あえてそのままにしています。

また、何度聴いても聞き取れない部分には???と記載しています。

たとえ聴きとれも、漢字不明・意味不明の言葉の場合は、カタカナ表記にしています。

これは、ひとえに私の知識不足と日本語ボキャブラリーのなさが災いしています。

皆さま自身で予測していただき、お読み頂ければ幸いです。

※有料動画については、後々パスワード付きの記事にすることも検討していますが、予定は未定です。ご興味がある方は、制限なしで読める今がチャンスです。

※記事最初に★★★があるものは、有料動画の内容です。